ブログ

【小学校受験】怒りを感じるのは愛に比例

こんにちは。酒寄です。

最近、オーダーサンクスダイアリーを書き始めました。

朝にその日に起こることを予測して、先に感謝をする日記です。

『今日は、ランチにおいしいカレーライスを食べました。

今必要な新しい情報が入ってきました。

笑顔で過ごすことができました。

有り難うございました。』

こんなふうに書いておきます。

 

すると、無意識にそれを意識しているらしく、夜、日記を振り返ったときに本当にそのとおりになっていることが多々あります。

一度はまったら、楽しくなります。ぜひやってみてください(^^)

 

 

さて、本題。

これを読んでくださっているのは、子育て中のお母様がほとんどだと思います。

家事をこなし、子育てをして、ご主人のこと、自分のこと。毎日がやるべきこと、やりたいことで手一杯だと思います。

そして、それらがすべてスムーズに行けば問題ないのですが、そんなことはありえません・・・

 

子どもは時間なんて気にしないし、回りのことなんてお構いなし。

母親を怒らせることの天才ですよね!

 

そして、怒ってしまう自分にげんなり・・・

 

でもですね、これって、お母様が未熟だから怒りたくなるんじゃないんですよ。

 

怒りたくなるのは・・・

 

その怒りに比例して、

 

愛があるからです!(^^)!

 

考えてみてください。

もし、同じことをよその子がしているとしたら?

そんなに怒りの感情ってわきますか?

 

そんなに同じようには怒りを感じませんよね。

 

 

だから、あなたが未熟なのではありません。

あなたは、わが子が大大大好きだから。大切だから。怒るのです。

 

ときに苦しくなることもあると思いますが、

 

大好きだから、イラッとしてしまうんだということを頭の片隅において置いてくださいね。

 

みんな、みかた!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。