ブログ

【小学校受験】意識しないと見えないもの

こんにちは。酒寄です。

アメブロにも書いたのですが、意識しないと見えないものがあります。

例えば、皆さんがいつも通っている幼稚園・お教室のお部屋の中に「赤いもの」はいくつありますか?

想像してみてください。

もし、書けたら書き出して置いてくださいね。どうですか?いくつありましたか?

そして、お教室に行ったらもう一度赤いものを探してみてください。

全部、わかっていたかしら?

意外と気づいていないものです。

 

同じ映画を見たとしても、感想が違うように、

人は意識しないと見えなかったり、見ていてもそれぞれの思い込みで見ていたりします。

 

この時期がお母様のあせりのピークです。

お子様の出来ないところ、ダメなところばかり気になって、お母様の目がつりあがっていませんか?

お子様の表情もよく見てください。キツイ顔になっていませんか?変に落ち着きがなくなったりしていませんか?

 

実はお母様の焦りとは反対に、子どもたち、グーンと成長しています。

お友達に譲れるようになったり、やっていることの意味がわかり始めたり、

悔しがるようになったり、わかってきたからこそずるさが出てきたり。

泣き出したり、怒ったり・・・

 

これを成長ととるか、嫌なやつととるか(^^)

 

あーしなさい!こーしなさい!と言われてきたからこそ、ずるくなったり、悔しがったりしています。

あーするためには、こうしよう! こーしなさいって言われたのに出来ない・・・って一生懸命考えたのですよね。

 

まだまだ、経験の少ない幼児です。やり方を間違えることがたっくさんあります。

その行動にすぐに×をつけるのではなく、なぜそうしているのか、どうしたら、理想的な行動が取れるようになるか

大人が視野を広げて考えましょうね。

 

子どもたちは一生懸命考えていますよ。まずはその行動に『はなまる』です。

 

「出来てない」と決め付けて見ていてはもったいないですよ。

お子様の何を見たいですか?

見たいものを意識してみてくださいね。

 

変わろうとしているお母様にも「はなまる!」

 

暑い夏!成長の夏! 愉しんでいきましょう\(^o^)/

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。