ブログ

【小学校受験】第一子長女の関わり方

こんにちは。酒寄です。

学校見学、説明会の時期ですね。
どの学校もとても魅力的です。

学校に行くときは目標を持って行かれてくださいね。
どんなところに注目するか。我が家との共通点。
お子様を通わせたい理由。やっぱりこの学校に通わせたい。
一つ一つの思いが願書の言葉にエネルギーとなって込められていきます。

行ってきたら、必ずたくさん覚書しておきましょう。

 

第一子長女(妹あり)のお受験に取り組んでいる方へ

この時期、実はちょっと大変ではありませんか??

赤ちゃん返りをして、急に甘えた声を出すとか
普段出来ていたことなのに「出来な~い!」「やって~」とだだをこねたり。

そして、ビシッと叱ると大泣きをする。

こんな悪循環にはまりやすい時期です。

なぜだと思いますか?

 

いろんな理由が積み重なってのことなのですが、

 

年長になって約2ヶ月が経ち、お勉強が難しくなってきた。

お母さんが妹のことばかりやってあげている。

お母さんを妹に取られたように感じていて、寂しさを感じている。。

お姉ちゃんでいなくちゃいけないプレッシャーを感じている。

お母様が受験を意識して、厳しくなった。

お母様自身が焦り始めた。

 

いかがですか?あてはまるものはありますか?

 

お姉ちゃんと言えども、まだまだ年長さん。

 

今まで注目してくれていたお母さんが妹ばかり気にしていたら、ちょっと寂しいですよね。
しかも、自分には厳しくなったと感じているかもしれません。

(実際はちゃんと長女ちゃんも見ているのですが、子どもにはわかりにくい…)

 

こんな現象の改善方法があるとしたら・・・

 

こちらから、逆に積極的にかまっちゃう\(^o^)/

「かわいい、かわいい、大好き、大好き」
ハグハグしながら、言ってみてください。

 

きっと、うれしくなって表情が変わると思います。

そして、お勉強の時にはビシッと。

甘えさせるけど、甘やかさない。

 

このバランスが大事ですよ。

 

お姉ちゃんであることに自信を持たせ、甘えることも出来ることでバランスをとります。

「お姉ちゃんなんだから出来て当たり前」「お姉ちゃんなんだから、しっかりして」という思いをちょっとだけ横に置いて、5.6歳の隣に立って、伴走しましょうね。

大丈夫。出来る、出来る!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。