ブログ

【小学校受験】躾は「愛」ですよ!

こんにちは、酒寄です。
 
 

「だって、お母さんがこうしてくれないからでしょ(怒)!!」

 
もし、お子様にそう言われたとき、あなたはどんな対応をしますか?
 
 
 
 
お母様の中で「子どもを認めること」・「受け入れること」と
「ワガママを通させること」の違いって区別がついていますか?
 
 
お口が達者になってくる年長さん。最近こんな声が気になります。
 
「だって、お母さんがこうしてくれないからでしょ(怒)!!」
 
 
子どもだから、こんなこともあると思います。
お母様にだから、甘えているとも思います。
 
そこまでは、ありそうな話なのですが…
そのあとのお母様の反応は?
 
 
「ごめんね、そうね、ママが悪かったわね。」(あなたは悪くないわね)
 
「ごめん、ごめん、(私たちに→)私が忘れてしまったんです!」(私たちにママが言い訳をする)
 
 
 
これって、変な感じがしませんか?
 
 
 
これは、お子様を「認めること」「受け入れること」とは違いますよね。
 
 
 
「認めること」「受け入れること」 は、受け入れるもの、思い通りにしてあげるもの。
ではありません。
 
自分で考えて、行動できるようにしてあげることです。
 
 
「だって、お母さんがこうしてくれないからでしょ(怒)!!」と言われるようになる前に、
自分のことは自分で出来るように躾けてあげなくてはね。
 
 
自分のことは自分で出来るようになるように、寄り添いながら、声を掛けます。
 
 
この忍耐力、我慢する力は、必ず「行動観察」の(お友達とのかかわりを持った)ときに現れます。
譲る、思いやりを持つ、全体を考える、自分で考える、行動する。
 
 
ワガママ姫とワガママ殿は、自分自身も辛いはず!
 
 
お姫様とお殿様のご機嫌取りはもうおしまい。お母様が舵取りをしっかりなさってくださいね。
 
 
 
 

もう一つ気になる言葉 「つかれた~…」

 
 
授業前に「疲れた~」と言われて、あなたはどんな思いを込めて、どんな返事をしますか?
 
(本当に辛そう、今日は無理かしら…先生、今日は無理かも…)の思いを込めて、「わかった、がんばろう!」
 
(大丈夫、大丈夫(^.^))の思いを込めて、「わかった、がんばろう!」
 
 
言葉はエネルギーです。エネルギーは意図に従います!
意図…思いに従います。
 
ということは、(本当に辛そう、今日は無理かしら…)と思ったら、
お子様にはそのエネルギーが伝わります。
となると、お子様はどんどんどんどんやる気をなくしていきます……
だらだらだらだら……
 
 
お母様の言葉がお子様のやる気を左右します!!
だとしたら、お母様はどんな声がけをしていきますか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。