ブログ

【小学校受験】この時期にありがちな不安

こんにちは。酒寄です。

 

暑い日が続いていますね。

いかがお過ごしですか?

 

この時期、なぜか不安になってくるということがあります。

みなさんは大丈夫ですか?

世の中の5月病と同じなのかしら…?

 

年長になって、いよいよ本気を出していこう!とがんばってきたのに

子どもの反発が強くなる。泣く、怒る。

そして、自分もイライラマックス。

 

どうにも手がつけられなくなるようです。

 

困りましたね…

 

 

 

どうしてうまくいかないの?

 

さて、どうしてうまくいかなくなったのでしょう?

 

原因を考えてみました。

①年長になり、お子様が成長して言葉で反論できるようになってきて、その反論にお母様が負けてしまうため。

 

お母様自身の余裕がなくなってきた。

②学校見学に行ったり、願書のことが頭を過るため。

③模試などの結果を見て、焦りを感じたため。

 

④出来ていないところばかりを見て、「そこがダメ。出来てない」と言葉がけがマイナスになってしまうため。

 

 

いかがですか?思い当たるところはありますか?

 

 

もし、これらから解放されたいのなら、

 

すべてを自分ごととして捉えてみるのも一つです。

 

 

え~?!私が問題を作っている??

そんなはずはない!と思いたいですよね。

 

その気持ち、ものすごーくわかります。私もそうでした。

 

 

しかし、、、、、問題を自分が作っているとしたら、解決するのも自分なのですよね。

 

 

自分が問題を作っている。そう思ってみると自分で解決ができることがほとんどでした。

そして、結果的に早く改善できました。

 

 

①子どものせいにしたい自分がいる。

②やらなきゃいけないものがあり、やっていない自分に焦りを感じる。

③出来てない、やりきれていない自分に腹が立つ。

④指摘はするが解決策が見えていない。

 

 

こんな感じでしょうか。

 

さて、自分の問題を解決するにはどうしますか?

 

 

解決するには。

 

①自分がどうしたら、解決できるか考える。

②やらなきゃいけないものを書き出す。見えない、見えていない不安ととりつかれないようする。

③結果は、のびしろ。捉え方を変えて、前向きに進む。

④マイナスな言葉は、マイナスにしか進まないことを知り、まず、出来ていることを認識する。そして、出来ていないところの改善法を考える。

 

 

人それぞれやり方があると思います。もし、思いつかない時は、周りの人に声をかけて見るもの良いですね。

グルグルと抜け出せないときには、ご相談くださいね。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。