ブログ

【小学校受験体験記】ダブル受験と早生まれ

小学校受験体験談バナー

M.A様

 

我が家では3月生まれの息子と、5月生まれの娘、2歳差の小学校、幼稚園のダブル受験となりました。

そのためか毎日が育児、勉強、習い事に追われ 日に日に自分が余裕無く笑顔もなくなっていきました。

 

また年中の1月に引っ越しをして転園し、そこから受験勉強を本格化したのですが、焦れば焦るほど何故か欲も出てくる悪循環となりました。

 

3月生まれですと周りから常に遅れているように思え、いつの間にか焦りから褒めるより叱る育児、勉強になっていました。

 

幼児教室では勉強・絵画・体操・学校別・聞き取り話し方・行動観察などすべて受講しておりました。

 

常に平常心の息子は、体操・行動観察・聞き取り話し方などを得意とし、そこで見ていただいていた酒寄先生に叱咤激励していただきながら得意な科目で自信をつけ夏休み明けには授業にも落着きや自信を持ち参加できることになりました。

 

その一番のきっかけは酒寄先生が主催してくださった母親セミナーでした。

私は常にイライラし、このままだと家庭が崩壊するのでは??と思っていたころ、息子は勉強嫌い、落着きがないといったことに悩まされていました。

 

初めに先生より簡単なお話がありましたが、その時点では半信半疑でした。

その後、自分の悩みを紙に書き出し発表します。

 

数人のお母さま方の悩みを伺うと、いつもとてもお利口なお子様で子供だからそのくらいは大丈夫、できていらっしゃるのに何故そのようなことで悩むのだろう?と、私から見れば悩みではないように思えました。

 

次に先生からのご指摘やお話でイライラの原因、悩みはすべて自分の幼少期や隠れたインナーチャイルドであることに気づかされたのでした。

 

そしてそれは薄々気がついてはいたがきっかけがなく、あ~やっぱり私だったのかと思い知らされた瞬間でもありました。

 

ですがその際の気づきから、その先の自分自身の行動・言動・思考すべてが周りを変えていくと教えていただきました。

まさに魔法です。

 

子供が喜んで勉強するようになり、夫からは疲れて忘れかけると「また先生のところで魔法をかけてもらってきて」と言われたほどです。

 

幼稚園・小学校受験は親の面接もあり、息子の落着きや自信がある姿に本番では親が和まされるまでに成長してくれました。

 

そしておかげさまで第一志望の学校に合格することができました。

 

悩みは常に変わりますが、今でもセミナーでの体験を基本とし自分はどうしたいのか、どうなりたいのか?など問いかけたり、子供の問題行動に思えることには自分自身に思い当たることがないか考えて行動できるようになりました。

 

この先の育児や人生においても常に私には大きなきっかけをいただけたセミナーに参加させていただけたことを心より感謝申し上げます。

 

【メッセージ】

ご受講後お子さんを拝見し、お母様がすぐに実践してくださったのがわかりました。

姿勢良く座り、とても落ち着いていたので(^^)

他のクラスの先生からもそんな声が聞こえてきて、私もとても嬉しく思っていました。

3月生まれだから…という理由はないですね! 私の視野も広がりました。

 

酒寄和江

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。